北海道野付郡別海町 別海中央小学校のブログサイト

別海中央小学校 [北海道別海町]

2018年05月23日(水)

☆別海中央小学校☆クラブ活動がはじまりました。 [学校の教育目標を達成させる教育活動]

 今日からクラブ活動が始まりました。4年生〜6年生までの児童が活動場所に集まり、クラブ長などを決め、今年1年どんな活動をするかなどの話合いを行いました。
 今年度は「アウトドアスポーツ・インドアスポーツ・パフォーマンス・パソコン・アーティスト・実験科学・家庭科・室内遊び・野外活動」の9つのクラブがあります。クラブ活動を通して縦割り班活動や学級活動とは違う交流をし、人間関係の育成など、社会性スキルを育てて欲しいと思います。

画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)

画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)

14時47分投稿 (中央小学校)

☆別海中央小学校☆緑の募金活動を行っています。 [学校の教育目標を達成させる教育活動]

画像(480x270)

 朝の登校時間に児童会が「緑の募金」活動を行っていて、玄関前に児童会の役員が立ち、挨拶をしながら募金を呼びかけている姿が見られます。
 この活動は今週の金曜日まで行われます。

画像(480x270)

08時19分投稿 (中央小学校)

2018年05月21日(月)

☆別海中央小学校☆今年度のメンター研修がスタートしました [学校力向上に関する総合実践事業]

 本校では,学校力向上に関する総合実践事業の人材育成の一環として,初任段階4年次の先生方が中心となり,年間を通して初任段階教諭によるメンター研修を行っております。

 本日は今年度のメンター研修の第1回目が行われ,日常の指導の悩みや課題をKJ法で話し合いました。主に,児童との関わり方や授業作りに関しての課題が多く出され,今回の議論を受けて今年度の研修計画が組まれる予定となっています。また,今回のメンター研修には,初任段階教諭のみではなくベテラン教諭にも参加していただき若手へのアドバイスをくださいました。
 昨年度までは,ビデオ授業研やブックトークなども行われており自らの課題を解決すべく年間を通して研修を行い,さらなる研鑽を図っていくこととなります。

画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)
画像(218x163)・拡大画像(480x360)

18時05分投稿 (中央小学校)

2018年05月20日(日)

☆別海中央小学校☆平成30年度研修部提案授業公開 [学校の教育課題の改善を図る研究・研修]

画像(480x320)

 18日に,低・中・高・特支4ブロック全ての研修部より提案授業公開を行いました。各教科における見方・考え方を働かせることや,主体的で対話的で深い学びの実現に向け,新課程を見据えた授業構築に努めました。

 低学年では,国語科「すみれとあり」の説明的文章を公開しました。時間的な順序や事柄の順序などを考えながら,内容の大体を捉えるために,修飾語に惑わされることなく主述の関係を正しく押さえることをねらい,ルーブリック評価を設定しました。
 中学年では,国語科「めだか」の説明的文章を公開しました。段落相互の関係に着目しながら,考えとそれを支える理由や事例との関係などについて,叙述を基に捉えるために,段落の中心となる語や文を見付ける活動を通して,めだかの特長をまとめました。経験との自己内対話や必要な情報をいかに抽出するかをねらいました。
 高学年では,道徳「ロレンゾの友達」という教材文を通して,真の友情について考えました。友達の概念をもう一度問い直す,多角的・多面的な見方・考え方と出会い,各々の視点から辿り着く特殊解を探りました。道徳的価値の主体的自覚の場面を大切にし,建て前や他人事ではない,本当の友情の在り方を考えるスタート地点に立ちました。今後も変容の自覚を追い掛けていきます。
 特別支援では,算数科「小数のかけ算」を公開しました。個別学習の延長線上に,交流学級でも自分の考えをもち(自律的に考えること),友達と交流する(協働的に学び合う)ことで学びを深めることを今後も目指していきます。またインクルーシブの視点を取り入れ,見通しをもたせ,考えを問い直すことや表現する場を保証し,学びの自覚化をねらった統合的・発展的な見方・考え方を働かせることを意識しました。

 事後の検討では,日常授業改善ワンペーパーチェックシートを基に,ブロック毎にKJ法で協議しました。研究主題や目指す子ども像のみならず,学校課題や自己課題などともリンクさせながら,リフレクションを行います。軸となる部分を大切にしつつ,今後も柔軟かつ流動的に目の前の子どもたちに必要な力を教職員全体で共有し,その都度合意形成を図りながら,学校としての共通項を模索していきたいと考えています。
 6月からも月例公開研究会を実施します。授業者が得をする授業公開。あくまでも日常授業改善。日常授業改善の延長線上が特別な授業ではなく,日常授業改善の延長線上も日常授業であり続けることを大切に,また1年間学び続ける教職員集団でありたいと思っています。今後とも他校からのたくさんのご参加をお待ちしております。

画像(218x145)・拡大画像(480x320)
画像(218x145)・拡大画像(480x320)

画像(218x145)・拡大画像(480x320)
画像(218x145)・拡大画像(480x320)

画像(218x145)・拡大画像(480x320)
画像(218x145)・拡大画像(480x320)

12時12分投稿 (中央小学校)

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

[ 学校リンク ]

[ おすすめリンク ]

5

2018


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
訪問者数

検索


最近の記事

RSSリーダ

RSS1.0
powered by a-blog
Powered by AURENS

[Login]