北海道野付郡別海町、教育委員会のブログサイト

別海町教育委員会

2017年10月17日(火)

すくすく学級×いきいき元気あっぷ×尾岱沼平成寿大学(東公民館学級) [中央公民館からのお知らせ]

10月10日(火)、東公民館学級の学習会の時間をちょっと早めて、今年度1回目の「いきいき元気あっぷ健康体操教室」との交流を行いました。
今回はさらに、尾岱沼平成寿大学の学習会ともタイアップ。
たくさんのおじいちゃん、おばあちゃんと交流することができました。

始まる前の時間。
早速、おばあちゃん達のアイドルになったH君。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

「いや〜、めんこいね〜」
「どこの孫さ〜」
「こんな小さい子抱っこするの十何年ぶりだろう…」
「こっちおいで!」
「こっちにもおいで!」

と、何人のおばあちゃんに抱っこされたことでしょう(笑)。


こちらは、

「元気だったかい?」

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

と、久しぶりの対面を思わせる写真ですが、実は初対面(驚)。

初めての人に抱っこされるのは不安でも、おじいちゃんに「ベロベロバ〜」とあやされて、声を出して笑っている子もいました。
その笑い声のまたかわいいこと。
この声に、とろけるような笑顔を見せるおじいちゃん、おばあちゃん。
ほんのわずかな時間でしたが、みんなが親戚のような楽しい時間が流れました。

もちろん、人見知り中の子もいますから、みんながこんなふうに交流できたわけではありません。
でも、お母さんにとっては、わが子をこんな笑顔で見つめてくれる方々が地域にいることを知る、いい機会になったのではないでしょうか。

さてさて、交流本番です。
まずは、いきいき元気あっぷの健康体操(ストレッチ)から。

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

腕を伸ばしま〜す。

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

横に伸ばしま〜す。


画像(202x150)・拡大画像(640x479)

わたしもストレッチ(笑)

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

きついときは、ムリしません(笑)


このストレッチ、抱っこやおんぶなど、いつも同じ姿勢になりがちなお母さんにとっては、最高の運動なのですが、こんな機会でもなければなかなかできないものです。
ちょっとは、すっきりしたでしょうか。
これから少しでも体を動かしてみようかなと思ってもらえていたら幸いです。
継続して実行するのは、とても難しいことですが……。

続いて、すくすく学級プレゼンツの「おもちゃのチャチャチャ」。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

「空にキラキラおほしさま♪」 笑顔もキラキラ。

かわいらしいおばあちゃん達の踊りに、お母さん達のギアも上がります(笑)。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

いつもよりキュートに「メェメェ」

「いないいないバババァ」は、向き合ってやってみました。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

いないいないバァ〜ッ!

ちょっと照れくさかったと思いますが、皆さん、真剣にかつ楽しそうにやってくれたのがうれしいですね。
たくさんの「いないいないバァ」に子ども達も釘づけでした(笑)。

次は、「グーチョキパーのうた」の手遊びを別海バージョンで楽しみました。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

グーチョキパーで何つくろう♪

北海シマエビやアサリ、ホッキ、ホタテ、サケ。
東公民館では初披露だったので、手遊びにして感心する声も!

ネタを提供してくれた人形劇団べこっこの皆さん、ありがとうございます!

そして、中央公民館でも好評だった、イスに座ったままでもできる体遊び「かなづちトントン」。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

「かなづちトントン、3本でトントン♪」

床に座っているお母さん達にとっては、まさしくいい運動。
子ども達と一緒に楽しく遊びながら体を鍛えられるなんて、一石二鳥ですね。

最後にみんなで「エビカニクス」。

画像(480x359)・拡大画像(640x479)

「できる範囲でいいですよ」
といつも声掛けしていますが、魔法にかけられたように、ついつい張り切って踊ってしまうのがこの「エビカニクス」。
おじいちゃん、おばあちゃん達も皆さん完踊しました!
ますます元気ですね。

せっかくなので、さよならの挨拶代わりに肩たたきのプレゼント。

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

「ありがとう!」

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

「気持ちいいよ!」

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

「うれしいねぇ〜」

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

「また、会おうね!」


子ども達の小さな手ですから、ほぼ効き目がないのは承知の上ですが、皆さん「ありがとう! ありがとう!」と、とっても喜んでくれました。
なかには、「こんなうれしいことはないわ!」と涙しながら喜んでいたおばあちゃんもいました。

子ども達とお母さんの気持ち、しっかり届きましたね。


第2回目の交流は、来月行います。
それぞれの持つパワーを注入しあい、お互いが元気になれる活動になるといいですね。

またのお越しをお待ちしております。

Posted by tyuou at 15時30分

すくすく学級 子どもの歯を守るのは親の責任!(口腔衛生講習) [中央公民館からのお知らせ]

10月12日(木)、中央公民館1歳児学級の学習会として、「乳幼児のための口腔衛生講習」を行いました。

今回は東公民館が会場のため、バスが出ました。

画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)

通常の体験学習であれば中止になりそうな雨でした。
しかもこのひと雨で、一段と寒さも身に沁みます。
こんな中、来てくださった皆さん、ありがとうございます!

さて、今回も尾岱沼歯科診療所の所長である伊勢 明先生を講師としてお迎えしました。
診療の合間を縫って駆けつけて来てくださっていますので、早速、お話を進めていただきました。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)
画像(360x269)・拡大画像(640x479)

主に「むし歯を感染させないこと」「むし歯をつくらないこと」「あごを鍛えること」についてお話がありました。

むし歯は病気。
むし歯はうつる。
ダラダラ食べるとむし歯になりやすい。
噛む力をつけるためにあごを鍛えることが大切。
(むし歯があると噛む力が弱くなるので、食が細くなり体重が増えない原因になることも。歯並びにも大きな影響があるようです。)

むし歯ができないようにと、日頃から仕上げ磨きに苦労されているお母さん達ですが、実は、むし歯予防に大切なのは、歯磨きだけではないということがよくわかりました。


終始、受講するお母さん達の真剣な眼差しが印象的でした。実際のむし歯の画像に衝撃を受けたお母さんもたくさんいます。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

むし歯の画像を食い入るように見ていた子もいました。
きっと、びっくりしたんでしょうね。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

「はみがきがんばらなきゃ〜」

また、今回は、「自分は頑張っていても、周りの家族の協力が得られない」と悩むお母さん達の声に応え、小児歯科の先生とおじいちゃん、おばあちゃんが登場する漫画を紹介されながら、大切な孫の歯を守るために、おじいちゃん、おばあちゃん達が心がけなければいけないこと(つまり、なぜ、歯を大切にしなければいけないのかを再確認すること)、そして、歯を守るためには我慢強さを育てることも大事であることをわかりやすくお話していただきました。


以下、一部ですが、参加者のお母さん達の感想です。

・むし歯の画像を見て、今以上に歯磨きをちゃんとさせようと思いました。
・時々歯磨きを忘れてしまい、「まぁいいか……」と思ってしまうこともありましたが、子どものむし歯は親の責任なんだと改めて思いました。
・食生活(ダラダラ食べ)をきちんと見直そうと思いました。
・歯磨きをしっかりして、よく噛んで食べられる子を目指そうと思いました。
・祖父母や夫にもぜひ聞かせたいと思いました。


すくすく学級での口腔衛生講習は、今回で8度目になります。
全国と比べてもむし歯のある子が多いと言われてきた別海町ですが、このような啓発が効果をもたらしているのか、年々減少傾向にあるとのことでした。

今回参加したお母さん達も、きっと新たな気持ちで今日からの生活を送っていることでしょう。

会場が遠いということで、参加をためらったお母さんも多かったことと思います。
しかも、寒空の雨。
朝になって、どうしようかなと思い悩んだお母さんもいたかもしれませんね。
それでも、遠くは西公民館から、そして、わざわざ自家用車で来られた親子もいました。

その甲斐がありましたね。
受講後のお母さん達の表情は、大きな学びを得た満足感にあふれていました。
「来て良かった!」という声もたくさん聞くことができました。

この日の気持ちを忘れず、親の責任で子ども達の健康な歯を守っていきたいものですね。

さて、今回は、お母さんのそばにいた子も、離れて別のお部屋で遊んでいた子も、とってもよく頑張っていましたよ。

画像(360x270)・拡大画像(640x480)
画像(360x270)・拡大画像(640x480)

お母さん達の勉強に協力してくれた子ども達、本当にありがとう!
お世話してくださったすくすくスタッフの皆さんもありがとうございました。

そして、講師の伊勢先生、お忙しい中、とても価値のあるお話、ありがとうございました。

Posted by tyuou at 13時12分

2017年10月11日(水)

アドベンチャースクール第6回学習会「別海駐屯地創立52周年記念行事」のイベントの見学へ行ってきました。 [中央公民館からのお知らせ]

 10月7日(土)別海駐屯地にて行われた「別海駐屯地創立52周年記念行事」へ行ってきました。

 我が国日本を日々守ってくれている自衛隊の皆さんが、普段どのような訓練をしているのかなど、なかなか見ることのできない訓練の様子などを見学し、自衛隊についてのお勉強をして関心を持ってもらうとってもいい機会になったと思います。

 行事では様々なアトラクションが用意されていましたね!
 初めは、自衛隊員の入場行進から始まりました。
 もう最初の、行進・掛け声から自衛隊員全員がきっちりそろっていて見ていて気持ちよかったです!
 その後はバイクによるアクロバットの演出があり、いよいよ訓練が行われます。
 まず、災害時の救出訓練の様子が行われました。
 内容は、災害によって倒壊した建物から救出するというものでした。
 一つ一つの行動が本当に早くて正確ですごかったですね!
 別海町でも大きな災害がいつ起こるかわかりません、本当に私たちを守ってくれる自衛隊の皆さんがかっこよかったです。
 さぁ続いてはいよいよみんながお待ちかねの戦闘訓練です。
 戦車や装甲車、ヘリやバイクすべてを使っての銃撃戦の訓練が始まりました。
 もう、迫力がすごいのなんのって見ていて圧倒されました。
 戦車の砲撃の迫力はすさまじくて、まじかで砲撃してくれたので心臓まで響きました(笑)
 これがまだ訓練だから興奮して見ることができますが、本当に戦争だったらって思うと怖いですね…
 
 全てのアトラクションを見学してからは、昼食を食べて自由時間をとって展示や戦車・装甲車の乗車体験などをして楽しみました。兄弟にお土産を買ってあげている子もいました。
 兄弟っていいですね。先生は一人っ子なのでちょっとうらやましいです。
 
 少し早めに会場を出発して、予定にはなかったのですが、行ったことが無い子もいたので別海の鉄道記念公園に寄って少し遊びました。先生も初めて鉄道公園に来ました(笑)
 別海町の歴史について学ぶのは大切なことですよね!

 こういう機会を通して、自衛隊のことだったり他の職業だったり様々な職業に興味を持ってみんなの将来につながればいいなって先生は思っています。

 さぁいよいよアドベンチャースクールも終わりに近づいてきました。
 さみしい気持ちもありますが、みんなで楽しい思い出をたくさん作りましょうね!

画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x151)・拡大画像(640x480)

画像(480x360)・拡大画像(640x480)

Posted by tyuou at 17時01分

寿大学、アドベンチャースクールおよびアドベンチャーJr学習会「マサイのジャクソン来日ツアートークライブ」を開催しました! [中央公民館からのお知らせ]

 9月24日日曜日、「2017秋・マサイのジャクソン来日ツアー アフリカトーク」を開催しました!昨年に引き続き、ケニア在住28年、貧困の児童の駆け込み寺を運営している早川千晶さんと、本物のマサイ族、元戦士ジャクソン・オレナレイヨ・セイヨさん、ジャクソンさんの第2夫人でケニア在住、現地でガイドをしている永松真紀さんの3人が、大自然の中で生きるマサイの伝統文化、野生動物と共存する生活の様子、動物や自然に対する知恵など、映像を交えながらお話してくれました。もちろん、ジャクソンさんは日本語はわかりませんから、永松さんの通訳を介してでしたが…(笑)

 マサイの戦士として動物と戦うとき、例えばケニアであればライオンと戦う時は、逃げていくライオンや寝ているライオンには攻撃せず、こちらに向かってくるライオンと正々堂々と戦うそうです。それがマサイ族として大自然に生きていく中での礼儀なんですね。
 また、マサイ族の中では普通に携帯電話は使っているんですって、隣の家に何か用事があったとしても、かなり離れたところにそれぞれが住んでいるので、今は携帯電話を使えるためかなり楽になったようですが、それでも、マサイ族の中には長老がいて、大事な要件なんかは2〜3日かけて直接お話ししに行かなければならないそうです。
 その中でも先生が一番驚いたのは、マサイの方たちは一日に6ℓもの牛乳を飲むということです!あと牛の血も飲むそうです…
 すごいですよね!
 中村先生も中学高校の時には、身長が伸びることを信じて、毎日朝昼晩合わせて1ℓ飲んでいましたがその6倍って…
 (牛乳飲んでも身長は伸びません…ちゃんとバランスよくご飯を食べましょう!牛乳でお腹いっぱいになります、笑)

 色々なお話をしてもらってからは、会場からの質問タイム!みなさん、たくさん聞きたい事があったようで、あちらこちらから沢山手が上がっていました。

 ケニアのマサイ族の生活や文化、日本と全く違いますが、伝統を重んじつつも、携帯電話は普及してるなど現代的な生活も営んでいて、とても興味深かったです。

 最後に早川さんから「アドベンチャーの子供たち元気で素晴らしいね!」とお褒めのお声をかけていただきました。
 みんながいつも一生懸命がんばっている証拠ですね!
 中村先生のおかげかな?(笑)

 もっと詳しいお話を聞きたい方は、ぜひケニアに足を運んでくださいとの事でした!(かなり大変ですが)
 
 今回は、中央公民館の平成寿大学とアドベンチャースクール、アドベンチャースクールjrの学習会と合わせて、一般町民の方にもお知らせをしたところ、想像を上回る沢山の方々にご来場いただきました。

 ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。  
 
  

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

いよいよ始まりました!

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

みなさん初めまして

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

子供が質問

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

そして大人も質問

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

ご夫婦仲良く!

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

マサイの人達が造ったカラフルな雑貨

画像(480x360)・拡大画像(640x480)

アドベンチャースクール、jrの子供達との1枚


Posted by tyuou at 10時34分

2017年10月02日(月)

すくすく学級 停電にも負けず!(東公民館学級) [中央公民館からのお知らせ]

東公民館学級の9月学習会は台風18号が去った翌日でした。
お天気は、台風一過の晴天。
秋風が心地よい日でした。

ところが、台風がしっかり爪痕を残していました。
停電です。

電気がないことで影響のあるものは、歌や手遊び、親子体操で使っているラジカセのみ。

「それなら電池で対応できるかも!!」

その期待も空しく、動いてくれないラジカセさん。
何がどう悪かったのかは不明ですが、こんなことも想定して日頃から、もしもの準備をしておかなければいけないことを実感しました。

さて、ラジカセが言うことを聞いてくれないのであれば、自力で頑張るしかありません。
東公民館学級母たちの力の見せどころです(笑)。

「全部アカペラになりますがいいですか?」

「なんとかなるさ!」

お母さん達の笑顔が、そう物語っています。

さてさて、いつもの全4曲、歌の部分だけではなく、前奏も間奏も後奏もお母さん達の歌声のみで歌いきりました。
それもステキな響き渡る声で!!
「ラララララ〜♪」で歌詞の曖昧な部分をごまかしたりもしましたが、それさえも楽しく感動的な時間になりました。

子ども達も、CDから曲が流れている時と同じように楽しんでくれました。
写真を見ると、いつもと変わらないのがよくわかります。
むしろ、お母さんも子ども達もいつもり楽しんでいるかもしれません。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

おもちゃのチャチャチャ♪

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

みんなスヤスヤねむるころ♪

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

いないいないバァ〜♪

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

いないいないニャー♪

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

「ちからあわせて」前奏も軽やかに♪

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

ウーッ ハーッ!

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

エビカニは、歌詞まで完璧!!

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

ちょっと暗くてわかりにくいですが、0歳親子も楽しそう!

今回の学習内容は「もしもの時のために、親ができること」でした。
救急救命について学ぶ時間でしたが、ある意味、「この非常事態を親の力で乗り切った!」と言っても過言ではありません。
まさしく、この学習テーマを体現した学習会になりました。
さすがです!!


今回の停電。
すくすく学級の運営には、大きな影響なく終わりましたが、家庭においては、ご飯が炊けない、洗濯ができない、お風呂に入れないなど、様々な不便さがあったようです。
日頃、いかに便利な生活を送っているかに気付くこともできましたね。
繰り返しになりますが、もしもへの備えは大切です。

Posted by tyuou at 14時10分

すくすく学級 「もしもの時のために」(9月学習会) [中央公民館からのお知らせ]

すくすく学級9月学習会は、「もしもの時のために、親ができること」と題して、消防署より講師を招き救急救命講習を行いました。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

9月11日 中央2,3歳児学級

画像(360x270)・拡大画像(640x480)

9月13日 西公民館学級

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

9月19日 東公民館学級

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

9月21日 中央1歳児学級

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

9月28日 中央0歳児学級

乳幼児期は、特に思わぬ事故が起きるものです。
乳幼児の死亡原因の多くを占めるのも、不慮の事故だそうです。
転んで擦りむく、あちこちぶつけてあざができるといった軽いケガは日常茶飯事とも言えますが、もしも自分の手に負えないようなことが起きた時にどう判断し、どう行動を起こせばよいのか、そこがお母さん達にとって一番心配なところでしょう。

今回の講習では、AED(自動体外除細動器)の使い方、胸骨圧迫(心臓マッサージ)のやり方の他、乳幼児期に多い事故の事例や対処法などを教えていただきました。

【AEDの使用法】

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

AEDは、開けるとアナウンスが流れます。

画像(202x151)・拡大画像(640x480)

パッドは心臓をはさむように

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

幼児は、胸と背中ではさむことも


町内でも、公共施設や小中学校、コンビニなどに設置されています。
今は、身に付けている貴金属を外さなくてもいいそうです。
いかに迅速に対処できるかが大切だということですね。

【胸骨圧迫(心臓マッサージ)】

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

子どもの場合、胸の厚さの3分の1が沈む力で

画像(202x150)・拡大画像(640x479)

赤ちゃんは、指2本で


実際にやってみました。

画像(202x151)・拡大画像(640x480)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)

画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)

画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)
画像(202x150)・拡大画像(640x479)

興味深げに、いや、心配そうにお人形を見守る子もいました(笑)。
お母さん達も、「こうすることのないように……」と祈るような気持ちで体験しました。
思った以上に強く押さなければいけないこともわかりました。
人工呼吸は、リスクがあるため、胸骨圧迫だけでもいいそうです。
ポイントは、「強く 速く 絶え間なく」。

現実の場面で冷静に行うのは難しいかもしれませんが、
「とにかくやらないよりやった方がいい」
とのことでした。


【背部叩打法】
誤飲は、乳幼児期に多い事故です。
口やのどに異物が詰まった場合に有効な処置法です。

画像(360x269)・拡大画像(640x479)

手の付け根で、肩甲骨の間を強く叩きます。

実際に、「のどが詰まって救急車を呼んだことがあります」というお母さんもいました。

その他、熱性けいれんや高所からの転落、やけどなどの対処法を教えていただきました。
いずれにしても、どの程度で病院にかかった方がよいのか、救急車を呼んだ方がよいのか判断するのは、容易なことではありません。

「もしもの時、判断に迷った時は、相談でも構わないので、いつでも119番に連絡してください」とのことでした。
心強い言葉ですね。

そこで大事なのは、状況をしっかり把握できていることです。
いつからどんな様子(症状)なのかを観察し、それをしっかり伝えることで適切なアドバイス(口頭指導)を受けることができます。

とはいえ、今回の内容は、一度聞いただけで完璧に身に付くものではありません。
でも、学ぶことによって、もしもの時にできることが変わってきます。

講師の救急救命士さんも「一年に一度聞いていても忘れることがありますよ」とおっしゃっていました。
もちろん、何もないことが一番ですが、繰り返し学ぶこと、予防を第一に大切な子ども達の命を守っていきたいですね。

Posted by tyuou at 14時05分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

[ 学校リンク ]

[ リンク集 ]

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
訪問者数

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

RSSリーダ

PHOTO

6/7 上風連小学校すずらん贈呈

6/7 上風連小学校すずらん贈呈

公明党女性局別海支部 雑巾寄贈

公明党女性局別海支部 雑巾寄贈

7/14 別海中央中学校全道大会出場報告

7/14 別海中央中学校全道大会出場報告

RSS1.0
powered by a-blog
Powered by AURENS.

[Login]