住所:別海町別海緑町116-4 電話0153-75-2251 校長 相澤 要

別海中央中学校

2018年03月14日(水)

【別海中央中学校】卒業証書授与式 式辞 [・校長室から「ブログ記事」]

第70回卒業証書授与式が、感動のうちに終了しました。

卒業生の凛とした姿、在校生の式にのぞむにふさわしい姿。
どれもが立派でした。

厳粛な雰囲気の中で、淡々と式は進行しますが、会場全体に流れる心のこもった雰囲気。
いつの間にか会場全体を感動が包み込み、涙が自然と流れていました。

素晴らしい卒業式。
卒業生、在校生、保護者の皆様、そして来賓の皆様方、大変ありがとうございました。

画像(218x145)・拡大画像(640x426)
式辞

雪解けが進み春の足音が感じられる、この佳き日に、別海町教育委員会教育長代理大塚保男様をはじめ、ご来賓の皆様、並びに保護者の皆様にご臨席いただき、記念すべき第70回卒業証書授与式を、挙行できますことに感謝いたします。

中央中70年の伝統に新たな歴史のページを記してきた卒業生77名の皆さん、卒業おめでとう。卒業にあたって皆さんに伝えたいこと。それは「いつでも人は変わることができる。そして、夢はかなう。」ということです。

これからの時代には、解決が難しいと言われている問題が数多く待ちうけています。急速に進む人口減少、高齢化による介護の問題、人間と人工知能の在り方、そして人類の生存に関わる戦争と平和の問題。どの問題も乗り越えていかなければ、私たちの未来への扉は開くことはありません。

数多くの問題を解決し、今より豊かで平和で幸せな時代になること、そうした時代を作っていく担い手は間違いなく君たちです。君たち一人一人の力に未来は託されています。

先日開催された冬季オリンピック。その中でカーリング女子日本代表は銅メダルに輝きました。そのチームの一員である吉田知那美さんはインタビューに答えて次のように言っています。

「この町、何もないよね。小さい頃はここにいたら夢は叶わないんじゃないかと思ってました。でも今は、この町じゃなきゃ夢は叶わなかったと思います」

吉田知那美さんは故郷北見市常呂町のことを言ったのですが、日本中の多くの人たちの共感を得ました。
ともすれば、夢が実現できない理由として「ここには練習する環境がない」「優れた指導者がいない」「サポートしてくれる人がいない」などと不平を言ってしまいがちです。

しかし、吉田知那美さんは全く逆のことを言いました。「夢がかなったのは、何もないと思われていた、この町だからこそかなったのだ」というわけです。吉田知那美さんは私たちに故郷の大切さを教えてくれました。

わがふるさと別海町。別海町で学んだことや体験したこと、そして中央中で得たかけがえのない仲間たち。それらが君たち一人ひとりにとって、これからの夢実現のための「力」となってくれるはずです。今まで培ってきた力をもとに、自分の良さを発揮し、自分の夢をかなえてください。

将来、この中のある人は、教育者となって、幼い子どもたちの才能や個性の芽をはぐくんでいるかもしれません。ある人は、貧困や病気で苦しむ地球上の人びとを救うために世界を舞台に働いているかもしれません。ある人は、オリンピック選手となってふるさと別海の人たちに勇気と元気を与えてくれるかもしれません。ある人は芸術家となって、人々に美しい心を植えつけてくれるかもしれません。そしてまたある人は 政治家となって、平和で住みよい、誰もが幸福に暮らせる社会をつくることをしているかもしれません。

これらのことは、決して夢物語ではありません。どんなに困難は多くても、夢はあきらめないで長く願い続けた人のもとに、必ずやってくるからです。

先週、私は卒業生の君たちに「いのち愛しむ」という道徳の授業をしました。授業後の感想で、ある人は「人は何かのきっかけで変わることができるのだなと改めて感じた。そして、命の大切さも改めて考えさせられた。これからの私の人生は長いけど、自分にしかできないことを見つけ、命を大切にしていきたい」と書きました。

人は変わることができます。自分にしかできないことを見つけ、前向きに、あきらめることなく、夢を追い続けること。それが未来への扉を開けることにつながっているのです。

最後に、保護者の皆様。これまで本校の教育に温かいご理解とご支援を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。また、ご来賓の皆様には、今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げまして、私の式辞といたします。

平成30年3月14日
別海町立別海中央中学校 校長 青坂信司

15時11分投稿 (別海中央中学校)   コメント ( 0 )

2017年05月24日(水)

【別海中央中学校】達成感を味わう [・校長室から「ブログ記事」]

目標を決めて、それが達成した時、人は何とも言えない心地よさを感じるものです。
一度達成感を味わうと、再び何かに挑戦してみようという気になります。
現状を変え、向上しようとする意欲が生まれてくるのです。

体育祭が近づいてきました。
各団だけでなく、各学級でも取組に熱が帯びてきました。

中央中の体育祭のねらいの一つに次のことがあります。
「生徒に企画、運営を手がけさせることにより、達成感、責任感を持たせ、生徒の生きる力(自主性)を育む」

下のグラフは、今年度(平成29年度)4月に3年生を対象として実施した全国学力・学習状況調査「生徒質問紙」の達成感に関わる設問結果です。※全道と全国は平成28年度の結果です。

画像(480x189)・拡大画像(640x252)

全道・全国を大幅に上回る好結果となっています。
特に、中央中の3年生一人残らず「ある」「少しある」という答えをしています。

これはやはり学校行事である体育祭や学校祭での取組を中心として生まれた好結果だろうと思われます。

今の3年生は、1、2年生の時、常に上級生がいたわけですから、競い合う種目では、ある意味常に「負け」を経験していました。
ですから達成感を味わうことはないのではないかと、そんなことを思ってしまいます。

しかし、事実は違います。
全ての生徒が何らかの達成感を味わっています。

結果は大切かもしれない。
だけど、それ以上に大切なことがあるのだということを示しています。

かりに負けたとしても、取組の中で生徒たちは大切なことを学んでいるのです。

3年生が中心となって取り組んできた体育祭。
今週の土曜日。
今年も、きっと素晴らしい体育祭を生徒たちの力で創り出してくれるでしょう。


平成29年5月24日(水)
校長 青坂信司

15時12分投稿 (別海中央中学校)   コメント ( 0 )

2017年04月28日(金)

【別海中央中学校】サポート通信「みのり」第1号発行! [・校長室から「ブログ記事」]

学校には、さまざまな子がいていいのです。
積極的な子、消極的な子。
スポーツの得意な子、不得意な子。
勉強の得意な子、不得意な子。
まじめな子、ちょっとやんちゃな子。
優しい子、優しさをなかなか表現できない子。
それこそさまざまな子がいて、学校生活は成り立っています。

そうしたさまざまな子たちがいて、日々付き合っていく中で、時としてトラブルが生じることはあります。
もちろん、先生との関係の中で不協和音を発することもあります。
それら人間関係のちょっとしたつまづきを乗り越え、他人との接し方を学んで、社会性を育んでいくことも大切な学校の役目です。

しかしながら、人間関係や勉強、部活動に悩み、なかなか解決策が見つからず迷路にはまったような感覚になることだってあります。
そうした心が疲れた時に、誰かに話を聞いてもらったり、ちょっとしたアドバイスをもらったり、心を休めたりすることはあっていいことです。
それは大人でも中学生でも同じですよね。

昨年度から中央中に「校内生徒支援室」というのを設置し、今年度は専任スタッフとして加配の養護の先生になってもらうことにしました。

専任スタッフとして、週に一度来校するスクールカウンセラーの先生、別海町ふれあいセンターの方々、別海中央小学校とも連携・協力しあいながら、子供たちと日々接して、悩み傷ついている子たちや心の疲れを感じている子たちを少しでもサポートして、よりよい成長につなげていけたらいいなと思います。

もちろん、その子にとっては「人との相性」ということもありますから、今まで通り担任の先生、教科の先生、保健室の先生、部活動の顧問、教頭先生など、その子が相談しやすい大人に声をかけてくれればいいなと思います。

下に紹介するのは、校内生徒支援室の専任スタッフが発行した通信になります。
保護者の方も、どうぞ専任スタッフに何かあれば遠慮せず声をかけて下さればと思います。

校長 青坂信司

画像(337x480)・拡大画像(450x640)
PDFファイル(284KB)

(284KB)


10時38分投稿 (別海中央中学校)   コメント ( 0 )

2016年11月18日(金)

【別海中央中学校】期末テストに向けての生徒の頑張り [・校長室から「ブログ記事」]

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

12月1日、2日に期末テストがあります。
期末テストに向けて、毎日生徒たちの頑張りである家庭学習の取組(ノート・ワーク等)が数多く提出されています。
家庭学習の担任に提出されるケースは、毎日パンパンの状態です。
ほとんどの生徒が、毎日頑張っていることが伝わってきます。

私は、12名ほどの3年生の家庭学習を見ていますが、多い子になるとノート5冊ほどの提出や時間にすると3〜4時間程度確実に勉強しています。

画像(218x72)・拡大画像(640x213)

計画的に勉強しているか

本校では、計画的に学習できるようになることも大切にしています。
定期テストでは、すべての学年で生徒一人一人が計画表を作成し、その計画表に基づいて家庭学習を進めます。
その計画表に、その日取り組んだことがわかるように記入し、家庭学習の担任に提出します。
家庭学習の担任は、毎日目を通し、励ましやアドバイスなどを記入して返却します。
このようにして、少しでも生徒が定期テストに向けて計画的に取り組めるようにしています。

今年度の全国学力・学習状況調査の生徒質問紙。
「家で、自分で計画を立てて勉強していますか」という質問に対して、54.4%の生徒が「している」「どちらかと言えばしている」と答えています。
この数値は、全道・全国を超えています。

画像(218x72)・拡大画像(640x213)

授業の予習をしていますか

ちなみに「家で授業の予習をしていますか」「家で授業の復習をしていますか」という質問の結果も、全道・全国より極めて高くなっています。
家庭学習の仕方が着実に身に付いてきていることがわかります。

画像(218x72)・拡大画像(640x212)

授業の復習をしていますか

是非、今後ともこの良好な結果を維持してほしいと思います。

なお、家庭学習の方法がよくわからないという生徒は、家庭学習の手引きを参考にしたり、担任や教科担当の先生に相談してほしいと思います。


平成28年11月18日
校長 青坂信司

11時38分投稿 (別海中央中学校)   コメント ( 0 )

2016年09月01日(木)

【別海中央中学校】学習自己評価から [・校長室から「ブログ記事」]

今年度、本校の重点目標は「教育の不断の改善による質の向上」〜受け身の姿勢から能動的な姿勢への転換「自信と誇りに満ちた学校を目指そう」〜ということです。

学校改善し、生徒一人一人をよりよく伸ばしていくためには、現状がどうなっているのかをできるだけ正確に把握していく必要があります。
本校では、教師自らによる日々の実態把握とともに、年にいくつかの種類のアンケート調査を実施しています。

その中に生徒自身の学び方の向上を目指したり、教師の授業改善をしていくためのアンケートも行っています。

下のグラフは、1学期末に実施した学び方に関する全校生徒・全教科の自己評価の結果です。

画像(480x219)・拡大画像(640x292)
画像(218x110)・拡大画像(640x323)

今回の結果を昨年の12月に実施した結果と比較してみます。
質問の内容は多少の違いはありますが、どの設問項目も良好な結果を示しています。

また能動的な学習の構えでも生徒たちの評価が高まっていることがわかります。

黒板の書かれたことをきちんと写すとか人の話をきちんと聞くという受け身的な学習も、とても大切なことだと私は考えています。

PDFファイル(178KB)

(178KB)

ともすれば受け身的な学習は批判されがちですが、勤勉さや規律性を身につけていくためには、とても大切な側面があります。

勤勉さや規律性を土台としながら、能動性を高めていくことが必要です。

その意味において、今回のアンケート結果は、現在の生徒たちの頑張りや成長している一端が伝わってくる結果となりました。

2学期は、こうした生徒たちの頑張りや良さを認めながら、更によりよい教育を目指します。
                     校長 青坂信司

14時49分投稿 (別海中央中学校)   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
訪問者数

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

[ 学校経営 ]

[ 進路・学力向上のリンク ]

[ 別海町内のリンク ]

[ リンク集 ]

最近の記事

最近のコメント

RSSリーダ

RSS1.0
powered by a-blog
Powered by AURENS

[Login]