〒088-2564北海道野付郡別海町西春別駅前西町270番地1 0153-77-2374 Fax0153-77-3246 R3.4.6生徒数78名

上西春別中学校 [北海道別海町]

2021年09月28日(火)

【上西春中】『頑張る若手の姿』は美しいのです。〜パート2〜 [◆学力向上]

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

ソ〜ッと教室後方から入って、お休みしていた生徒の席に座りました。

 こんにちは、上西春別中学校です。昨日に続き、今日のブログでも初任段階教員の頑張る姿を紹介したいと思います。
 さて、前回のブログにも書いた通り、初任段階2年目の国語の先生が行った授業は失敗してしまいました。授業後は本人も反省しきりで、研修部長のところに相談に行ってアドバイスをもらう等していました。私も何かのヒントになればと考え、授業を見て気付いたことをいくつかメモしてこの先生に渡しました。
 そして翌日、失敗に終わった授業をどうリカバリーするのだろう?という心配もあったので、本人には内緒で授業を見に行きました。そこで見たものは、前時の失敗を糧にしてちゃんと「グレード・アップした授業」を行う若手教師の姿でした。勿論この2日目の授業のみを点で捉えたなら、まだまだ課題はあるし未熟でもあります。でも、この前の「失敗した授業」から線で見ている私の目には、それ以上に授業の端々に垣間見える可能性(例えば…生徒による課題設定はもうすぐできそうです。個別最適な学びへのアプローチもありました。)の方が魅力的に映ったのでした。
 どんなに優れた授業をする教師でも、「10割のホームランバッター」というのはおそらく存在しないと思います。ただ、そう言いつつも、優れた授業をするには「全打席ホームランを目指すこと」が必要なのだとも思います。そういう気持ちで日々精進を重ねることが、「優れた授業」の高いアベレージに繋がり、やがては教師力の向上に結び付いていくのではないでしょうか。
 はなはだ手前味噌ではありますが、「より良い教師」を目指して頑張る若手教師の姿は美しいなと思い、今回2人の先生の授業の様子を紹介させていただいた次第です。

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

前時の反省を踏まえて、修正を加えた部分です。前回は殆どの生徒が「何をすればよいのか」という学習活動に対する見通しが持てていなかったのですが、この紙を使ったことで、「どの子にも」・「何をやるか」が伝わっていました。

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

長めに時間をとったグループでの活動にも、ちゃんと明確な意図がありました。


画像(480x360)・拡大画像(640x480)

最後に「グループで発表」するための打合せをしています。

画像(480x360)・拡大画像(640x480)

1グループずつ前に出てきて、しっかりとした口調と態度で発表してくれました。

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

グループ毎に書いたワークシートを、こうして「書画カメラでテレビの画面に映して」いました。

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

残念ながら「振り返り」を行う十分な時間はとれませんでした。指導過程の時間配分をどうするかは、若手に限らず結構中堅やベテランの先生方も悩みます(笑)。


Posted by ブログ管理者 at 07時30分   コメント ( 0 )

2021年09月27日(月)

【上西春中】『頑張る若手の姿』は美しいのです。〜パート1〜 [◆学力向上]

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

初任段階3年目となる「体育科教員」です。

 こんにちは、上西春別中学校です。今日は直近の話題ではないですが、9月中に行われた「初任段階教諭2人」の授業について紹介させてください。
 まず1人目は正式採用から3年が経過した「体育科教員」です。ですが紹介する授業は、「保健体育」ではなくなぜか「道徳」になります。本校に限らず、中学校では道徳の授業をローテーションで行っている場合が多いのですが、この先生が行った道徳授業も「順番が回ってきて」実施したものでした。今回の授業は「学年団の先生方が色々アドバイスをして、皆で作り上げた授業」だったようで、やった後の雰囲気から察するに、授業者本人も手応えを感じている様子でした。きっと良い授業が出来たのだと思います。私はこの先生の授業があった日に、お休みをいただいていたので見ることはできなかったのですが、惜しいことをしました。
 2人目は昨年度採用されたばかりで、今年が2年目となる「国語科教員」です。この先生の授業は2日続けて見に行くことができました。先生方で行う研修のために、動画撮影込みで行った授業でしたが…1日目はハッキリ言ってしまうと失敗でした。それも結構な大失敗でした。授業プランの途中で終了時間となってしまったため、「この後どうするんだろう?」と心配になってしまう程でした。ですから、2日続けて見に行くつもりではなかったのですが、こっそりと次の日の授業も覗きに行くことにしたのです。〜また長くなったので、次回へ続きます!!〜

画像(480x360)・拡大画像(640x480)

道徳の授業ではお馴染みの「心情円」を使ったようです。

画像(480x360)・拡大画像(640x480)

この「心情円」は、二色の紙(これはピンクとブルーですね)を組み合わせて作られており、紙を操作して色の範囲を変えることで「その時点での自分の心情を視覚化する」という教具です。

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

板書作りも頑張ったようです。

画像(218x163)・拡大画像(640x480)

行き当たりばったり感がまるでなく、ちゃんと構成が考えられていることがわかります。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

こちらは初任段階2年目、「国語科教員」です。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

ちなみに2枚の写真は、どちらも「失敗」した1回目の授業のものです(苦笑)。


Posted by ブログ管理者 at 07時38分   コメント ( 0 )

2021年09月13日(月)

【上西春中】指導と評価の一体化〜その2〜 [◆学力向上]

 こんにちは、上西春別中学校です。前回は長くなりすぎて途中でやめてしまったので、引き続き「指導と評価の一体化」についての話題でいきたいと思います。
 そもそも、指導と評価はなぜ一体でなくてはいけないのかというお話しです。まず、「評価」とは「価値づけ」をすることです。「やったこと」・「出来上がったもの」等に対して、良い・良くない、優れている・優れていない、美味い・美味くないetc…一般的には第三者がこのように「価値づけ」をします。これが例えば飲食店だとすると、より多くのお客様に来てもらう、美味しいと言ってもらうためには「評価」を無視するわけにはいきません。飲食店における「評価」とは「お客様の声」そのものなのです。だから「評価」をもとにサービスの内容を変えてみたり、新しいメニューを足したりという営業努力をするのです。もっと言うと、「評価」がわからなくては「どういう方向に営業改善をしていけばよいか」ということもわかりません。
 学校も同様です。例に出した飲食店と違っているところがあるとすれば、それは「子どもの学びの過程と成果」の「評価」をすることで、自分たちが行った指導の成果と課題をも「自己評価する」という点です。これが正しく出来ないと、「自分自身の授業をどう改善していけばよいか」という改善の方向性は見えてきません。だから「指導と評価」は一体でなくてはいけないのです。
 というわけで、1年生の家庭科の放課後指導です。単元が「生活を豊かにするものの製作」ということで、「エコバッグ」を作っています。評価の観点は「知識・技能」です。単に「作品を期日までに完成させる」ことで良いなら、持ち帰っての作業もありなのかなと思います。ただ、その場合「出来上がりまでの過程」に授業者の指導が入る余地はありません。特にこのエコバッグ作りで見取るのは「知識・技能」ですから、作品の完成度だけではなく、「製作過程」での指導がとても重要になってくる筈なのです。だからこそ、家庭科の先生は、「家」ではなく「学校での作業」にこだわったのだと思います。
 前回も書きましたが、「指導もしてないことは評価できない」のです。何気ない日常の一コマですが、家庭科の居残り作業には「指導」(授業内ではありませんが)があったなと感じ紹介させていただいた次第です。

画像(480x320)・拡大画像(640x427)

一人が布を押さえ、もう一人がチャコペンで線を引きます。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

男子も1人いました。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

他の生徒は割とダークな色合いの布を使っている中、この子は明るい色の布でした。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

ワークシートをジ〜っと見つめて、何やら思案中のようです。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

家庭科の先生のアドバイスを聞きます。


Posted by ブログ管理者 at 07時37分   コメント ( 0 )

2021年09月10日(金)

【上西春中】指導と評価の一体化 [◆学力向上]

 こんにちは、上西春別中学校です。今日は授業風景ではありませんが、家庭科の放課後指導の様子を紹介いたします。
 写真は9月6日のものになります。学年は1年生です。

画像(480x320)・拡大画像(640x427)

あえて残してある「板書」

 現在1年生が取り組んでいるのは、上の板書写真にもある通り「エコバッグ」の作成です。記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんが、この単元の一番最初の授業は、私も実際に参観をしてブログでも紹介しています。何らかの理由で、作業の進捗状況が遅れ気味になってしまった生徒が残ったのだと思いますが、帰りの会が終わってからバス時間まで、正味30分程真剣に作業に取り組んでいました。
 今年度から中学校でも、改訂された「学習指導要領」が実施されているという話題は以前したかと思いますが、色々と出てくるキーワードの中で、よく話題にあがるものの一つが「指導と評価の一体化」なるものです。これは一体何かと申しますと、先生方は授業によって「生徒に何が身に付いたか」を色々な方法で見取って評価します。そしてその評価をもとに、今度は自分の授業を改善(例えば、思考力の伸びが今一つであれば、考える場面を授業の中により多く設けたり、思考力を伸ばす具体的な学習活動を考えて授業に盛り込んだり…といった具合にです)していくのです。更に改善した授業を経て、「生徒に何が身に付いたか・足りなかった部分を伸ばすことが出来たのか」を評価します。その評価を踏まえて、再び授業改善…という具合に延々とこのサイクルを続けていくというわけです。当然のことながら、授業の中で「身に付けさせたい力」にアプローチする内容・方法がちゃんととれていないと、評価のしようがありません。指導もしていないことは評価できません。ですから「指導と評価の一体化」というのは、物凄く大事なことだということになるわけです。…とここまで書いて、長くなってしまったので今回はここまでで、「次回へ続く」とさせてください。
 次回のブログで「家庭科の放課後居残り作業」との関連にも触れたいと思います。

画像(480x320)・拡大画像(640x427)

家庭科の先生に相談中…!

Posted by ブログ管理者 at 16時32分   コメント ( 0 )

2021年09月06日(月)

【上西春中】期末テストに先駆けて英語では…! [◆学力向上]

 こんにちは、上西春別中学校です。話題としては少し古いのですが、8月31日に3年生の「英語」で“スピーキング・テスト”が実施されたようなので、今回はその紹介をさせてください。
 前回のブログで「前期期末テスト」の結果は、先生方が「前期の成績」を考えていく上で『重要な材料の1つ』になる…というのはお伝えしたかと思います。ここで改めて説明させていただくと、「期末テスト」も、6月実施の「中間テスト」も、極めて重要な評価材料ではありますが、前述の通りあくまでも『複数ある材料のうちの1つ』です。他にも先生方が評価・評定をつけるために行い、ストックしている材料というのがあるのです。今日紹介する「英語のスピーキング・テスト」も、そういった材料の中の1つということになります。
 英語の先生に確認したところ、次のような感じで実施したようです。まず、あらかじめ生徒たちには4つのシチュエーションが示され、質疑応答の例文も全体で確認します。本番では、英語の先生が待機する特別活動室に1人ずつ入っていき、クジでシチュエーションを選ぶのです。人によっては4つのシチュエーション全ての例文を暗記してきたり、アドリブを入れてくる先生に対してアドリブで応じたりと、スピーキング・テストで見せた3年生たちの姿は様々だったとのことでした。
 筆者は知らずに見逃してしまいましたが…英語の先生曰く「面白かったですよ」とのことなので、凄く惜しいことをしたなと思いました。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

こうして1人ずつ「特別活動室」へ!

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

入口を開けると、そこにはすぐにシチュエーションを決めるためのクジが!


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

ジッとクジを見つめます(笑)。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

「僕はこれになりました。」とでも言っているのでしょうか?クジを英語の先生に渡します。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

笑顔でレッツ・スピーキング!!

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

先生との距離の取り方もまちまちですね。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

筆者が中学生の頃は「スピーキング・テスト」なんてありませんでした。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

純粋な「英語暗唱」というのはありましたが。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

上手くいったかな?

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

こちら、若干緊張の面持ちです。


Posted by ブログ管理者 at 10時10分   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

[ 学校経営 ]

[ おすすめリンク ]

10

2021


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
訪問者数

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

RSSリーダ

PHOTO

【上西中】学校要覧ができました

【上西中】学校要覧ができました

【上西中】本校の校訓・校章・校歌です

【上西中】本校の校訓・校章・校歌です

【上西中】 平成27年度学校要覧

【上西中】 平成27年度学校要覧

RSS1.0
powered by a-blog
Powered by AURENS

[Login]