〒088-2564北海道野付郡別海町西春別駅前西町270番地1 0153-77-2374 Fax0153-77-3246 R2.4.6生徒数72名

上西春別中学校 [北海道別海町]

2020年07月27日(月)

【上西春中】四連休前に・・・「得点通知票」が配布されました。 [◆学力向上]

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

最初に配布が始まったのは2年生でした。出席番号1番は女子です。

 こんにちは、上西春別中学校です。四連休直前のブログでもお伝えした通り、先週22日の水曜日、帰りの会にて「前期中間テスト」の「得点通知票」が配られました。
 三者面談と日程が重なっていた3年生以外は、1人1人担任の先生(3年生は副担任の先生が渡してくれました)から、クリアファイルに入った「得点通知票」と「テスト反省」を手渡されていました。反応は人それぞれで、表情ひとつ変えないクールな子もいれば、担任の先生から掛けられた一言に顔をほころばせる子もいました。結果が良かった子は、是非「次も頑張るぞ!」というモチベーションに。結果がかんばしくなかった子は「次こそ頑張るぞ!」というモチベーションに。この「得点通知票」の配布を繋げてくれたらなと思います。
 最後に校長先生が今回のテストを総括して、職員会議の終わりにこんなことをおっしゃったので紹介いたします。「中2、中3ともに定期テストの点数の推移を見ると、明らかに伸びている。間違いなく力を付けてきている。」・・・継続は力なりです。ジグザグではなく、学力に関しては右肩上がりで伸び続けるものであって欲しいですね。皆さん、本当にお疲れ様でした!!

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

満面の笑みを浮かべピース!満足いく結果だったのかな?

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

一番人数の多い2年生。列を作ります。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

次に配布が始まったのは1年生でした。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

マスク越しでわかりにくいですが、ニッコリ笑顔です。担任の先生にどんな言葉を掛けられたのでしょうね。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

3年生はラストでした。担任に代わって副担任の先生が配ります。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

三者面談と重なっていることもあり、配られた後はじっと自分の「得点通知票」を見ている子が多かったですね。


Posted by ブログ管理者 at 10時00分   コメント ( 0 )

2020年07月22日(水)

【上西春中】定期テストは、「テスト反省」が終わってようやく一区切りです。 [◆学力向上]

 こんにちは、上西春別中学校です。今日22日が終わると明日から四連休に突入します。生徒の中には、「この休みを心待ちにしていた!」という人たちも少なからずいるのではないでしょうか。
 こちらは必ずしも心待ちにしていた人ばかりではないかもしれませんが(笑)、四連休に入る前に「前期中間テスト」の「得点通知票」を配布いたします。ご家庭におかれましては、お子さんが経てきた「過程」が、どのような「結果」に結びついたのかをご確認いただければと思います。
 その前に、今日の「得点通知票返却」に先駆けて先週金曜日に行われた「テスト反省」の話題に触れたいと思います。本校では定期テストの後には必ず設定している活動です。今回は1年生5校時目、2,3年生6校時目にそれぞれ学活を1コマ使って取り組みました。ここで生徒達は、テスト計画の段階で自分が立てた「目標」と、示された「結果」を見比べてそこに至る「過程」がどうであったのかを振り返ります。これがなくては一連の前期中間テストに関わる活動は完結しません。「良い結果」だったのであれば、何が良くてそうなったのか、「良くない結果」だったのであれば、何が良くなくてそうなったのか・・・自分の取り組みを省(かえり)みることが、失敗を無くし、成功へ繋げていく上で凄く大切になってくるのです。よく「遠足は家に帰るまでが遠足」なんてことを言いますが、「定期テストは、テスト反省が終わるまでが定期テスト」だというわけです。テスト反省の用紙には、「家庭から」という記述欄があります。是非、お子さんが経てきた「過程」と「結果」について、コメントをいただければと思います。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

2年生のテスト反省です。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

担任の先生が声を掛けています。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

3年生は用紙配布の前の説明中でした。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

これも3年生。残念ながら、1年生は撮りに行けませんでした。


Posted by ブログ管理者 at 10時00分   コメント ( 0 )

2020年07月21日(火)

【上西春中】「授業交流週間」の様子〜先生方がお互いに授業を見合いました〜 [◆学力向上]

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

まだ、小グループでの実験は行いません。「実物投影機」を活用して、先生が演示します。

 こんにちは、上西春別中学校です。先週は色々なことがあって盛りだくさんな一週間でした。それゆえに、金曜日までには紹介しきれなかったことが多数ありました。昨日のブログに載せた「避難訓練」もその一つです。週はまたぎましたが、せっかくですので今日も別な話題を掲載させてください。
 本校では、年に数回、先生方がお互いの授業を見合う「授業交流週間」という取り組みを行っています。これは研修部から示された「授業プランシート」を授業者が作成し、それ以外の先生方はシートを持って指定の授業を参観するというものです。研究協議の時間は特に設けず、参観者は「授業参観シート」に気付いたことを記入して研修部長に提出します。その後、研修部長を経由して授業者にも「授業参観シート」が渡るようになっているのです。
 今回は令和2年度初の「授業交流週間」でした。授業は美術(16日木曜日)と理科(17日金曜日)の二教科です。筆者は残念ながら17日の理科を見逃してしまったのですが、前日に行われた1年生の美術は20分程参観しました。筆者が中学生だったころにはなかった教材を使っていました。お二方ともご苦労様でした。
 教科は異なっても、授業には必ず「共通する要素」というのがあるものです。若い先生方にはそれを見取り、自分の実践に生かしてもらえればと思います。中堅・ベテランの先生方には、今の自分の授業実践を色々な人に見てもらう機会を得ることで、新たな刺激を得ていただければと思います。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

筆者の時代は、ビーカーを熱するのに使うのは、常に「アルコールランプ」でした。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

今や理科の実験もIHヒーターの時代です。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

こちらは16日木曜日の美術。同じく1年生です。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

とってもカラフルな針金を使って、人形を作っていました。


画像(480x320)・拡大画像(640x427)

この生徒のものは既に「人型」になっています。まだ針金は余っていますので、ここから何か足していくのかもしれませんね。

Posted by ブログ管理者 at 10時00分   コメント ( 0 )

2020年07月16日(木)

【上西春中】先生方は、「教える」ために自らも「学び」ます。 [◆学力向上]

 こんにちは、上西春別中学校です。今日は令和2年度初の「校内研究授業」が行われます。根室教育局から指導主事の先生を助言者にお招きして、1年生「保健体育」、2年生「国語」、3年生「道徳」の授業をそれぞれ公開するのです。
 今日の授業に先駆けて、今月2日には3本の授業の「指導案検討」が行われました。以下に掲載するのは、その時の様子です。普段は生徒達に質問や作業指示をする先生方が、この日は逆に質問・意見攻めにあっていました(笑)。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

左から研修部長、道徳の授業者、国語の授業者、保健の授業者になります。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

手ぐすねを引いて待っている(笑)、他の先生方。マスクで表情がわからないので、緊張感2割増しです!


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

密度の濃い、指導案検討でした。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

これは「保健の教科書の内容」を、先生方が確認しているところです。


 こうして他の先生方からアドバイスや質問を受けて、授業者は指導案の修正作業に取り掛かります。いただいたアドバイスは活かしつつ、ちゃんと自分の刻印が押された授業にしなければならない(そうでなくては、成功も失敗も自分事として捉えずらいので)ため、修正案の作成は困難を極めます。まして今回は、「前期中間テスト」の実施と時期が重なっていましたから、テストの作成・採点もあった道徳と国語の授業者については、特に大変だったろうと思います。残念ながら筆者は、会議で生の授業を見ることはできませんが、これまで3名の授業者が積み上げてきた「過程」は見てきたつもりです。だからこそ声を大にして言います。努力は嘘をつきません。結果が成功でも失敗でも、必ず「次に繋がる糧」は得られるものです。明日「教える」ために、今日「学ぶ」ことが実り多きものになることを願っています。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

左は初任者で国語の授業者、右は音楽担当の先輩教師です。初任者の先生が、自ら声を掛けて教えを乞うていました。(この前には、英語担当の先輩教師も色々とアドバイスをしてくれました)

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

因みにこれは一昨日14日の様子。遅くまで頑張っていたそうです。初任者の「学ぶ姿勢」も素晴らしければ、それに応じて「惜しみなく教える」先輩も素晴らしいです。ありがとうございました!


 すいません。見回りをして帰ろうと思っていたら、若者たちが前夜にも頑張っていたので、追加でその様子も紹介させてください。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

特別活動室で1人授業の板書を書いていた国語の授業者。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

2年生教室で、同僚の英語教師を相手にプチ模擬授業を行っていた、保健体育の授業者。


Posted by ブログ管理者 at 10時00分   コメント ( 0 )

2020年07月14日(火)

【上西春中】積み上げた「過程」は、どんな「結果」をもたらしたのでしょうか? [◆学力向上]

 こんにちは、上西春別中学校です。先週末に「前期中間テスト」の全日程を終え、昨日から順次「採点済みのテスト」の返却が始まっています。休み時間には、教科連絡に来た生徒が、「社会科が良かった!」と嬉しそうに担任や教科担任の先生と話している姿も見られました。
 今週末には学活を使って「テスト反省」が行われます。これは事前に立てた学習計画表に基づいて、自分自身の取り組みを振り返るというものです。「結果」が出た人は何が「良かったのか」を分析し、「結果」が出なかった人は何が「良くなかったのか」を分析するのです。もたらされた「結果」には、必ず「そうなるに至った原因」があります。原因がわかったなら、良かったことは継続し、良くなかったことは改める…時間をとって「テスト反省」を行うのには、そんなねらいもあるのです。そして担任の先生方にとっては、どんな「過程」を経れば「良い結果」に繋がるのかを、生徒達と一緒に考える機会となります。
 保護者の皆様は、お子さんがどんな努力を積み重ねてきたのか、間近でその「過程」をご覧になっているかと思います。ですからどうであれ、お子さんが持ち帰った「結果」に対しても、一言声を掛けていただけると嬉しいです。(頑張っていたなら、称賛と労いを。もう少し頑張って欲しかったなと思われるのであれば、叱咤と激励をお願いします!)

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

5校時目、1年社会科のテスト返却です。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

自分達の予想より、学級平均が高かったようで喜びの声が上がっていました(笑)。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

6校時目、2年国語のテスト返却です。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

かなり平均点が高く、生徒達から拍手が沸き上がっていました。


画像(218x145)・拡大画像(640x427)

同じく6校時目、3年理科のテスト返却です。

画像(218x145)・拡大画像(640x427)

最寄りの席の生徒に模範解答を見せてもらうと、「イオン」と書いてありました。


Posted by ブログ管理者 at 11時57分   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

[ 学校経営 ]

[ おすすめリンク ]

8

2020


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
訪問者数

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近の記事

RSSリーダ

PHOTO

【上西中】本校の校訓・校章・校歌です

【上西中】本校の校訓・校章・校歌です

【上西中】学校要覧ができました

【上西中】学校要覧ができました

【上西中】校章に込めた願い

【上西中】校章に込めた願い

RSS1.0
powered by a-blog
Powered by AURENS

[Login]